メーカー製のPCを使っていた頃は色々あったので…今は自作派になりました。

10年ほど前、実家には一応ノートPCがあったんですが家族共用で、自由には使えませんでした。それで、タイピング練習や資格取得の勉強用にと自分用のPCを買ったことがあったんです。ソニーのVAIOのデスクトップ、価格は8万ほどでした。

これが買って1年ほどで壊れまして・・・。電源を入れてもピーピー音が鳴って画面真っ暗の状態にしかならなくなったんです。よりによって、中古屋の保障期間を過ぎて壊れてくれました…。修理しようかと色々調べたんですが、当時ソニーに修理を依頼すると、「CPU交換5万」「メモリ交換3万」といった感じで費用が高かったんです。今は知りませんが…。

実は1回だけ、ソニーのサポートを使って本体を調べてもらったことがあったんです。でも結果は「特に異常は見つかりませんでした」とのこと…。どういうことかと言いますと、ウチでもごくまれに正常に起動するときがあったんですね。それで、サポートに送って調べてもらった時にたまたま正常起動した、と。まったく運が良いのか悪いのか…。

じゃあ自分でパーツを交換できないかと、色々試行錯誤もしましたがダメでした。はっきりした原因は分かりませんが、おそらくマザーボードがやられたんじゃないかと思います。前の持ち主がどんな負荷のかけ方をしてたのかも分かりませんし。ちなみにマザボはノート用と同じような特殊な小型基盤で、なおかつ特殊なネジで止められていたせいで自力交換は無理でした。結局捨てましたね。

このときの悔しい経験がきっかけで、今はパソコン自作派です。自分で修理する方がいい…。

サブコンテンツ

このページの先頭へ