外付けハードディスクと、外付けUSBメモリが壊れる時の違い

最初は潤沢だったパソコンのハードディスク容量も、様々なものを作ったりダウンロードするたびに減っていく……。

そういう時に使うのが、外付けの記憶装置です。

特にハードディスクやUSBメモリは、手軽さから非常に重宝されています。

ところで、大事なデータをうつしたハードディスクやUSBメモリに限って、壊れちゃうことってありませんか?

ここでは、どういう時にハードディスクやUSBメモリが壊れるかを、簡単に説明します。

その1.外付けハードディスクが壊れるよくある原因

外付けハードディスクの場合、大体の故障原因は「ハードディスクアクセス中に倒れる」ことです。

立てて置かないといけない外付けHDDの場合、ちょっとした拍子で倒れ、そして全くデータが読み込めなくなります。

原因は非常にシンプル。ディスクが回転中に倒れるせいで、ディスク自体に大きく傷がついてしまうのです。

対策方法は「気を付ける」しかないですが、「ポータブルHDD」という耐衝撃性が強い外付けHDDも出ているので、それを使うといいでしょう。

その2.外付けUSBメモリが壊れるよくある原因

「USBメモリは正しく抜かないと壊れる」というのは有名ですが、USBメモリは性質上に寿命があることには要注意です。

HDDでは寿命が来るときは「音」で何となくなるのですが、USBメモリは読み書き回数で寿命が決まっています。

そのため、読み書き回数を超えてしまえば、突然死。読み込みも書き出しも出来なくなってしまうのです。

USBメモリは重要なファイルを持ち出す時にだけ使い、読み書き回数をおさえて使っていくのがオススメです。

様々な壊れ方がある、外付けHDDやUSBメモリ。

前述したようなそれぞれの記憶装置の特徴を覚えれば、ある程度はデータ喪失の絶望を軽減できますので、気を付けて使っていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ