現在、パソコンを自作するメリットはあるか!?

パソコンの自作はもともと、メーカー製PCと比較して安価に同性能の物が得る事が出来たり、同じ価格であればより性能の良い物が入手出来たりする点などから発展してきました。しかしながら、最近はメーカー製のPC自体が安くなっていることから以前ほど自作を行うメリットも薄くなったように思います。また、カスタマイズ項目も増えてきたことからスペックについても多くのパターンから選択できるようになっており、益々、自作の必要性が薄れているようにも感じます。

そんな状況下において自作するメリットとしては何があるでしょうか?趣味だ、楽しいからというような趣向の部分を別にすれば、アップグレードなどの発展性と拡張性という点ではまだ一日の長があると思います。具体的には、グラフィックカードだけ最新のものに交換しよう、HDDを増設しよう、などの場合です。使用用途としてはゲーミングPCやメディアサーバーなどの場合でしょうか。多くのメーカー製PCが採用しているミニタワーやスリムタワー型のケースではHDDの増設は可能な場合でも1台のみであり、それ以上の増設は困難な場合が殆どです。グラフィックカードもハーフサイズなどですと最新のものは入手できない事も多いですね。ましてや液晶一体型ともなれば無理に近いケースも。

ただし、拡張性に優れたフルタワーやミドルタワーケースは場所も取りますから、それ自体が一般的ではなくなってきているのかもしれません。

そういった意味で言えば、結局は趣味趣向の要素が強くなってきているのは否めないのかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ