私の世界を広げてくれたのはパソコンでした

私が初めてパソコンに興味を持ったのは、まだ今のように一家に一台と普及する前のことでした。

パソコンとは縁遠い仕事をしていたのですが、機械やコンピューターが好きで電気屋さんに立ち寄っては眺めている毎日でした。

そしてようやく手に入ったパソコンは、お店の人に初心者さんでも使いやすいと勧められたものでした。

OSはWindowsで当時はまだMicrosoftのWordやExcelが2003のバージョンでした。

そこからは独学でパソコンを触り、デジカメから写真を取り込んだり、Wordで小説を書いてみたりと充実した毎日でした。

その初代パソコンがとうとう起動しなくなって買い換えたのが今使用中のパソコンです。

今はAdobeのイラストレーターやフォトショップというグラフィックソフトなどを使うようになったので

別売りで購入し、更にパソコンで出来ることの幅が広がりました。

置き場所を広く取れないのでノートパソコンを使用していますが、画面も大きく使い勝手は良いです。

そして最近ではMacが欲しいと思うようになりました。

グラフィックソフトを使用していると画面の解像度やデザイン性からMacでの作業がしたくなります。

電気屋さんで何度かMacを触らせてもらったのですが、やはり画面の発色の綺麗さには惹かれます。

まだ先の話になるとは思いますが、いつかMacを手に入れてよりパソコンライフを楽しみたいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ