SSDのプチフリ改善の新たな方法

先日ヤフオクで富士通のノートパソコンを落札しました。s8370というビジネス用のパソコンで画面は14インチ、CPUはcore2duo、メモリは2GB、ハードディスクはGBでOSはなしでした。6900円で落札できたのでまあまあ満足しています。SSDの32GBがあまっていたので換装してWIN8をインストールしてみました。最初の2日間くらいは問題なかったのですが、プチフリがかなりひどく頻発するようになりました。最近買ったSSDなのですが、なんせ中国製の2000円のSSDなので、仕方ありません。とりあえずネットでいろいろ解決策を調べて試してみました。でも一向に改善される見込みはありません。でもプチフリが発生したときにタスクでCPUやメモリの使用量を独占しているサービスを発見しました。それはwindows updateでした。このサービスを停止すると当然アップデートできないのですが、とりあえず試しに停止してみました。すると全くプチフリ現象がでなくなったのです。ネットでプチフリの原因や解決策を探したときに、このアップデートを停止することに触れている記事には出会えませんでした。もしかしてわたしの大発見かもしれません。まあプチフリが改善できて本当によかったです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ