WindowsとMacintosh、一般人が使うならどっち?

今、日本国内で流通しているパソコンというのは、基本的に2種類のパソコンです。

WindowsとMacintosh、それぞれMicrosoft社とApple社の製品です。

昔はWindowsが民間機、Macintoshはプロが使うパソコンという感じでしたが、MacintoshはiMacぐらいから一般の方でも利用するようになってきて、現在では仕事で使う人などではなくとも、オシャレアイテムの一つとして使っている人もいます。

Windowsの得意とする分野は、WordやExcelといったOffice系のソフトによる事務系作業やゲームなどです。

それに加え、ユーザーが多いためにMacintoshに比べてフリーソフトなどの数が多く、そういった面で優位性があります。

逆に、Macintoshは、画像処理や動画加工、音声処理といった分野に強いという特徴があります。

そして、Windowsに比べて純粋なマシンパワーが高く、動作が速いのです。

では、どちらの方が使いやすいのかというと、用途に因る所が大きいので一概に言えませんが、一般の方が使うのであればWindowsが良いでしょう。

兎にも角にも「無難」の一言に尽きますし、何かトラブルになっても直しやすいというのがありますので、特に初心者の方であればまずはWindowsからというのが良いのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ